不動産担保ローンを借りてみて

銀行から融資を断られた

銀行から融資を断られた必要書類について1週間の手続きで審査通ったネット銀行の不動産担保ローンを活用した

不動産担保ローンを借りたきっかけは、事業をやっており急に運転資金が必要になったので自宅を担保にお金を借りることにしたからです。
どうしても資金が必要な事態になったのですが、銀行の借入枠がいっぱいで追加融資を断られてしまいました。
断られた原因としては、2期連続の赤字決算で提供していた工場の土地・建物の融資額は目いっぱいでこれ以上できないことを銀行の担当者からは言われていました。
事業者向けの不動産担保ローンを扱っている金融機関があると聞いて、その概要を確認してみました。
銀行ではありませんが、不動産の価値をかなりみてくれ、共同担保に入っていても融資可能という金融機関がありました。
法人融資の場合は、融資できる条件としては、次に不動産を担保提供して資金を借りるというものです。
利用目的としては、運転資金の借入で仕入れ・買掛金の支払いという事です。
買掛金を資金化したかったという事でこの目的での借り入れをしたかったので該当しました。
融資には、専門の保証会社が付くということです。
このため個人の保証人は必要ないという事です。
担保提供する不動産は、法人あるいは代表者の所有・法人の役員が所有する不動産に保証会社を根抵当権者とする根抵当を設定できることになっていました。
根抵当の順位は問わないとのことでした。